マーケティングで「夢実現可能性」を最大化する

どもども、エロイム・エッサム、エロイム・エッサム。
我は求め訴えたり。KaiToです。

自分の「好き」に自信がない人がたくさんいるって最近思うね。社会はどうしても人の目を気にしたり、人との優劣を考えるものだから仕方がないことかもしれないけど、

とても、とても悲しいことだね。エッチ好きなら好きと言えばいいし、
ダラダラするの好きなら好きと言えばいい。

 

ある事柄を好きになれるってのは、その人にとっての強みであり、魅力だ。それに自信を持てないってのは虚しいね。とは言いつつも僕も全く自信がなかったタイプなんだけど(笑)でもでもたった一度の人生、自分の好きなことに素直にならないときっと後悔するってのは間違いない。

おそらくこう言われたら昔の僕ならこうやって言うだろうな。「そんなこと言っても好きなことだけやってて生きていけるほど、人生ラクじゃないですよ・・」おい、コラ。昔の俺、諦めるな。

お前はまずマーケティングと商売を勉強するべきやよ。

 

結局、この資本主義社会で好き勝手やるためにはお金が必要だから、どうやって収入を作り上げるかは熟知しておくべきだし、マーケティングさえできるようになれば夢を叶えたり収入を得ることは可能だと今は強く思う。お金がすべてではないけど、お金がないと好き勝手できないからね。まあマーケティングの定義がくそ広いがゆえにこんな話が出来るだけなんだけど。

 

マーケティングってなんなのって話は今度にでもするとして、
上手くいってる人の言葉ってすごくマーケティング理論に基いているんだよね。

例えば島田紳助さんとか。だいぶ前に芸能界を引退しちゃいましたが。ガキの頃はただのおもろいオッチャンだと思ってたんだけど、最近になってようやくあの人の凄味が分かるようになってきたなあ。

 

すごいマーケターです、

考えて成功やヒットを生み出してる。


けっこう有名だけどNSC講習会の紳助さんの講義見たことあります?
絶対に見たほうがいいよ。ビジネスやってる人はなおさらだけど、
普通に生きてく上でめちゃくちゃ勉強になります。

youtu.be

 

オトコとオンナと、時々、ペンギン

結構前に、ナンパ師の人と話すことがあったのだけど、その人から聞いたノウハウをふと振り返ってみる。全部書くと死ぬほど時間かかるので今日は一部だけ。

 

その時、まず思ったのはやっぱ成功する秘訣ってのは、「コミュニケーション能力」でしかないんだなあって感じ。ぶっちゃけるとこうすれば女性を落とせるとか、こうすればナンパが成功するっていう「絶対的な答え」があるわけじゃなくて、臨機応変な人の心と心のやり取りでしかない。当たり前だけど、これを認めず答え探しをしてる人って多いよね。

 

ナンパ上手い人は商売もきっと上手い、最近思うのは世の中の区別って結局人間が生きてきた歴史の中で分別して作ったジャンルがあるだけで、根っこではすべて繋がってるんじゃないかなあ。最終的には、人の心とコミュニケーションですべて完結するんだよね。

 

まあ、とは言いつつもナンパには誰でも使える「ノウハウ」的なものがあるのも事実。印象深かったのはナンパ業界に伝わる最初の声掛け第一声のネタモノ・テンプレート。「すみません、このあたりでペンギン見ませんでしたか?」

 

ナンパは第一印象や第一声がくそ重要なのだけど、これ面白いなと思った。ペンギンって。見ねえわ(笑)非日常すぎるわ(笑)こんな一声かけられたらとりあえず反応しちゃうよね。これは文章書く時も同じだけど出だしや初手を興味深くするってのは人の心を開く常套手段。お笑いでいうと「つかみ」って言ったり、ビジネスでいうと「アイスブレイク」とかって表現するのかな?

 

「あの〜すいません、このあたりでペンギン見ませんでしたか?」「・・・えっ(笑)ペンギンですか?」「はい、飼ってたペンギン逃がしちゃって(笑)」

 

世の男性諸君、このテンプレートは覚えておこう。でもこのテンプレを知ってる女性にナンパしたら「うわ、こいつ必死かよ」とか思われるね。でもいいんだよ、必死で。必死なやつの方がカッコいいやん、素敵やん。イチローさんも野球に必死やん。女性も女子会は女子トークするとかいうけど「女子トーク=恋愛」ってことで男に必死やん。

 

もし万が一にも「それ知ってる(笑)テンプレですか?(笑)」とか言われたときにゃあ、「あ、そうなんですよ!!物知りですねえ!でもそれくらいお姉さんが魅力的だったのでつい気い惹かせたくて!(笑)」くらい言っとけ。悪い気はしない。ほぼないと思うが。なんでもそうだけどテンプレってのはあくまで柔軟に使うためにあるからね。ナンパとかあんまりしてないなあ、今度やろうか。一緒にやります?(´・ω・`)募集とかしてみようかな。

 

 

ハリー・ポッター外伝「ハーマイオニーと呪われた獣」

youtu.be

 

ども、KaiToです〜。ここ数ヶ月、話題のエマ・ワトソン主演「美女と野獣」これは大ヒット間違いないしだろうなあ。僕も昔っから映画とディズニーアニメーションを見て育ったからやっぱり注目しちゃう。

 

今回のヒットの予感を生み出してるのは「物語」×「エマ・ワトソン」×「ディズニー」。まず昔話ってのはポイントだね。小さい頃から聞かされている「物語」は誰もが大好き。オトナになろうとずっと。まるでヒトのDNAに埋め込まれてるかのごとくストーリーに引き込まれる特性を持ってるわけだ。例えば美女と野獣の話ってのは誰もが知っている。にも関わらず人は何回でも高揚感を覚え、期待感を煽られる。どんな起承転結で話が進んでいくのかハッキリ分かっているはずなのにハラハラ・ドキドキしてしまう。

 

真新しい情報だけが人にとって魅力になるわけではないってことを証明しているね。これは大事な気づきだなあ。人には知ってることを知りたいって欲があって、それを積み重ねることが当人にとっての安心欲求をどこかで満たしてくれたりしてるんじゃないかな。

 

あとエマ・ワトソンとディズニーってのは、言うまでもないブランド名だね。エマ・ワトソンハリー・ポッターのおかげで注目株、彼女の映画ってだけで話題が出来るしハーマイオニー可愛かったもんねえ。え、ロンなの!?最後結ばれるのロンなの!?お前がハーマイオニー幸せに出来るの!?かといってハリーも期待できねえしな、だからハーマイオニー俺の嫁、って感じだったよね。違うか。

 

ディズニーも何度も映画でヒットを作り出しているから名前を聞いただけで期待感が半端ない。この3点セットで掛け算されているわけだから面白い映画になるでしょう。期待。

 

映画は好きなのでちょいちょい気になった映画は
ブログで紹介していこうかな。

 

 

 

恥らしい少女も痰を吐く

わかってるつもりだったんだけど、世の中ってさ、やっぱ勉強になることばかりだねえ。ちょいと前まで僕はハイパー情弱だったから、とにかく権威のある人の事ばかりに目がいっていた。確かにものすごく富を得ている人の考えは勉強になる。

 

けど逆にごくごく普通の一般人の方からもめちゃくちゃ学べることもあるってホント思うようになってきた。あ、そういえばそんな言葉あったな。「我以外皆師」だっけ?剣豪・宮本武蔵が残した言葉。(自分以外の人すべて自分の先生であり、自分を育ててくれのは、自分と関わったすべての人だということ)結局歩んでいった先で得る学びって先人の教えばかりなんだよね(笑)いや、昔の人はすごいホント。

 

身近なものだとツイッターとかかな。有名人じゃなくても面白い情報発信してる人って沢山いるんだよねえ。色んな価値観や考え方が無数に散らばっていてものすごく為になる。例えば最近見つけたこのツイート。

 

フィクション特有の擬音で思い出したが「漫画とかで女の子が赤面すると『カァァァァァ!』って言って痰を吐こうとするのはなんでなの?」とか言い出した奴を俺は一生許さない。byVR665さん

 

あっぱれ、そう来たかって感じ。もうこのツイート見てしまったら少女マンガとかに出てくる女の子が赤面してる時にこの擬音使われてたら、痰吐こうとしてるようにしか見れない。(笑)単純に面白いってのもそうなんだけど、なんだろうな、人の心に記憶させる言葉やインパクトを作るのってホントすごいと思うんだよね。

 

やっぱたくさんの価値観を感じることはすごく大切だ。
そういうのが積み重なって強い自分の価値観につながってくるんじゃないかなと思う。

 

たまにはツイッターなりで面白い人を探してみて、フォローしてみるといいですよお。思考力の勉強になると思います。

 

鬼は〜外、福は〜うち、じゃなくてもいいのでお姉さんうち来ませんか?

どもども、KaiToです。今日は節分ですね、僕の仕事柄曜日感覚が薄れてきている今日このごろなのですが、やっぱ節分だけは忘れちゃ駄目だよね。うん、大事。鬼に豆を投げれる機会なんて1年にそう滅多にない。とりあえず豆投げとこ。通勤中のお姉さんとかにも豆投げとこ。そこからきっと出会いが始まる。

 

でも考えてみれば節分って子どもの頃に定例行事でやらされていただけだったから、ちょいと調べてみました。すると教養の浅い僕にとっては、知らない事実発覚。節分って字のごとく季節を分けるってことで本来は4回あったらしいね。

 

中でも2月は年の始まりだから盛んに祝われ、なごりで2月に行っているのだとか。まあ最近だと豆まきより恵方巻きでブーム起こそうとしてる感あるよね。コンビニとか行くと必ずあるし、全然売れてないらしいけど。やっぱり売れるものってのは結局、お金を払ってでも求められているものだからね。顧客視点からしたらスルーしても納得(._.)

そんなわけで大手コンビニチェーンのセブン出した施策がこちら!↓
恵方巻3品予約した人に相撲協会と提携して作った大相撲ミニ手ぬぐいプレゼント!」

おお、どうなのよこれ。(´・ω・`)ターゲット誰なの。「マジか!めっちゃほしい!買い行ったろ!」とはならないなあ。特典をつけるってのはビジネスの王道手法だけど、どうやるかより、結局、何をするか・何を提案するかの方が大事ってことだね。手法論だけじゃない。技法ばかりこだわってる人は、一度立ち止まって「何をするか」に固執してみるといいんじゃないかな。

アイツ、絶対オ◯ニー好きだよ。

いやあ、なんか最近色々と考えすぎてて、話したいことって色々とありまくりですね。仕事のことでもいいし、役立った学びとかもあるなあああ。あ、そういえば最近髪切ったんだけど、周りの同僚とかがそんなに反応してくれなくて結構寂しかったと今思ったんだけど、そういえば似合ってるとも言われたから結果、満足だったわ、どっちだよ。爆

 

さてさて、じゃあ直近で得たことをアウトプットしてみよう。さっきね、ある人の本を読んでいたんだけどその人の主張が、好きなことでお金を稼いで生きていこうぜってことだったのね。

 

これは僕自身もけっこうテーマにしてて共感できたり、勉強になったことがたくさんあったんだけど、その本の中で、「自分が価値じゃないと思っているところに価値がある」って言ってたのよ。これは凄え確信をついていると思った。

 

ちょっと分かりづらいかもしれないけど、自分が価値じゃないと思っているところってつまり、自分の趣味とか、実は自分の好きなことなわけよね。好きなことゆえに当たり前になっている。好きなことゆえに自分が価値を感じる基準が高くなっている。

 

みんなさ、自分の好きなことを武器にしたり、仕事にしたりできないと思っているけど意外とそんなことないのかもしれないって思ってみるといいよね。だってテンガあるじゃん?女性は知らないかな?あの赤いやつ。女性性器を大のオトナが超真剣に研究して作ったであろう童貞救済神器のひとつ。あれ作ったやつ絶対オ◯ニー好きでしょ。

 

じゃないと発想できないよ。たぶん。すげえ好きだったからお金稼ぎ出来ないかな?って思ったんだよ、たぶん。うん。たぶん(笑)

 

とにかくね、人のスペックって本来あんまり変わらないはずだから、1人の人間がコレが好き!!ってなったものに捧げた情熱や時間量、お金などなどは、きっと誰かしらの価値になるんだよね。

 

で、価値が生まれればそこにはお金が生まれるのが資本主義のルールだから。好きなことで生きていくことだって出来るはずなわけです。

 

あなたもぜひ自分の好きなことを今一度振り返ってみて欲しい。本棚とかみると自分の好きなことって見えてくるんじゃないかな。あとパソコンの中で大切に保管してるものとか、お気に入りのサイトとか。

 

別に好きレベルがプロに勝てないとか、他人に勝っていないとかは考えなくていい。今の自分で戦えばいいわけですよ。それでも価値を感じてくれる人は絶対にいる。人によって価値観は違うからね。

 

その証拠にほら、ディズニーの掃除してるキャストさんにとってはゴミが星のかけらで、たばこが夢のかけらに見えるんだよ!?人によって価値は違いますよ、マジで。あと僕なんてね、数年前だけど自分の啓発本みたいの出したことがあって(笑)・・・売れた(笑)当時の僕は社会経験も教養もたいしてないただ鼻ほじってたガキンチョだったのにそいつの自己啓発本ですら誰かの価値になった。そのかわり当時の僕なりにちゃんと戦ってたし、喜んでも貰えたけどね。

 

だから安心して、あなたの好きなことに自信を持って、そこからあなたなりの価値を生み出してみるといいと思いますよ。価値の作り方ってのは奥が深い話だし、僕自身もまだまだ研究してるのでまた話しましょうかね。

 

 

 

【序章】タブーを犯したくなる土岐あるじゃん?

どうも、KaiToです。今23歳です。

正直これ自己満ブログになるかもしれないけど、
ある人に日記を書いたほうがいいと言われたのでとりあえず立ち上げてみました。

 

このブログで僕がやりたいことは自分自身の成長です。
普段はさ、webで仕事をしてるんだけどね、それなりにwebのマーケティングとかライティングの仕方を勉強してきたつもりなのよ。(まだまだ実績ないけど(笑)

 

だから心理学とかも好きだしコピーライティングとかも好きだし、マーケティングとかも好きだし、あとエロいことも好きだな、あとあと好きなことだけしてたいタイプなので「自由」って言葉も好き。そういうヤツ結構いるっしょ?あ、あと猫と映画も好きだわ。あと好きというか家族はすごく大切にしたいわ。

 

で、僕自身そういったことを学ぶのが大好きで暇があればけっこう学習してる。だからこうやって文章で発信してみれば誰かしらの役に立つ情報発信は出来るんじゃないかなあと思いつつ書いてるのだけど、僕今あんまり頭使わず、読者のことも考えず色々書いてるのね

 

で、さっき言ったライティングとかちょっと勉強してる人ならわかると思うけど読者をちゃんと考えずに文章を書くって基本あり得ないわけね、

 

だって文章を書くのって誰かが読んでくれるからだもん

 

読んでくれなかったら存在してないのと同じ

 

だから僕はある種ライターとしてのタブーを今犯してるわけよ(笑)けど僕思ったわけ。文章にコレだけ携わっているんだからちょっとタブー犯してみたほうがいいんじゃねえかな?って。あのあれだ、小学生の高学年の時、お父さんのエロビデオこっそり見たり、道に落ちてるエロ本全力で見ようとしてた時あるじゃん。袋とじ何とかして見ようとしてたじゃん。あの経験大事じゃん。あ、この例え、今の若い子には伝わらないのかなあ、俺23だけどもうおっさんやなあ。もっと頑張ろ。脱線しましたがつまり、このブログでは何書くか決めてません。

 

日々感じたこと、単純に僕の好きなこと、気になったニュース、色々と書いてみる。偶然立ち寄ってくれた人はぜひ見てみて。なるべく何かの役に立つように書くから。(笑)じゃあ、これからヨロシクオネガイシマス(´・ω・`)