読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュータイプから学ぶ人間理解と成功法則

最近印象に残ったことをアウトプットしてみる。かなり為になった話があって、「なんでもそうだけどうまくいきたければ人間を理解するところからいきなさい」ってこと。

 

僕らは忘れがちなのだけど、人間も動物なんだよね。猿の延長線上にしか過ぎない。なんなら図鑑にヒトって載せて説明してもいいくらい。と思ってヒトってWikipediaで調べてみたら結構面白い、あ、俺たちって動物なんだって感じる⇒ヒト - Wikipedia

 

僕らって自我を持ちすぎてるから客観的に自分や人間という生き物を見たりしないけど、人間理解をするためにはこういう観点を持ってみてもいいと思います。

 

例えば、人類みな兄弟とか言うけど、これも結構確信ついてるよね。なんだかんだ人はある程度同じ環境で生きてるわけだし、もとのスペックが過度に違うヒトなんていないよね。だから僕らがこの世界で成功したり、結果を出したりするためには裏技とかほとんどない。

 

結構、根性論や努力の世界。

 

力のある人はそれなりにアクションを起こして、それなりに知識や経験値が多いだけ。同じ思考で同じ行動を起こさない限り、成功はやってこない。これが現実。


一発逆転とかあり得ないってことだから、
なんか夢のない話のように聞こえるけど、

逆に言えば淡々と積み重ねていけば
誰もが理想の未来を手に入れることができるってことだね。

 

ガンダムニュータイプって知ってる?

 

f:id:kaitonet001:20170217115650j:plain

「親父にもぶたれたことないのに!!」という名言を残した偉人、
アムロ・レイさん」はこのニュータイプなんだけど。
この単語って「新人類」のことをさすらしいのね。
これがまた人間理解にかなり繋がるからちょっと考察してみましょう。

説明しづらいからWikipediaさんにまた頼ってみた。
   ↓ ↓ ↓
ニュータイプとは】ーーーーーーーーーーーーーーーーー

一般に認識能力の拡大により人並み外れた直感力と洞察力を身につけ、並外れた動物的直感と空間認識能力を持ち、独特のサイコウェーブ(脳波)を発する。サイコウェーブ(感応波)はミノフスキー粒子に干渉する性質を持ち、圧(プレッシャー)を受けることで高まる。感応波によって離れていても他者やその状況を正確に認識し、意思疎通をする能力を発揮する事も出来る。また・・・

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・・・・は?何言ってんだこいつ。(*´ω`*)

 

って思ったんだけど、しっかり見たらなんとなく分かったのでシェアしますね、

人間が進化すると共感能力とかその他もろもろのスペックが上がるらしい。で、「自分の理解」に留まることなく、ついには「万物の理解」まで出来るようになって(もちろん、他者の理解も含め)相手の思考も手に取るように分かるようになるんだと。

 

だからニュータイプさんたちは相手の考えを先読みして
ビームライフルとか軽く避けれるんだって。
アニメの設定だなあとか思っちゃうけど、これ結構、現代人の理にもかなってて。



現代の学問における精神年齢の高さの定義って
「相手のことをどれだけ理解できるかどうか」なのよ。



で、このニュータイプってさ、ようは「ハイパー精神年齢高い人類」ってことよね。
相手の気持ちを理解しすぎて心の先読みができるってどんだけ。

 

このニュータイプの例から分かる「人間理解」がくそ重要。

 

僕が知ってる限りこの現代において富を得ている人、人生が豊かな人ってニュータイプみたいな人な気がする。つまり、精神年齢がくそ高い。もう少し具体的に言えば共感能力や空間認識能力が高い。相手の気持ちを汲み取ってくれたり、細部にまで意識を持てる人って言うのかな。

 

この記事を見てくれたあなたは今日からニュータイプを目指してみよう。

 

人と接する時は相手の気持ちを過度に汲み取ってあげたり、
いつもより細部にこだわって生活してみたり、

その延長線上で必ず自分の進化や
さらなる成功体験を得ることが出来るんじゃないかな。

人間理解ってホント大事。